スポンサーリンク


上記の広告は一定期間更新のないブログに表示されます。新しい記事を書く事で広告が消す事ができます。

  

Posted by みやchan運営事務局 at

今日のごえもんくん

2010年02月08日

今朝、9時前に我が家の猫のかかりつけの獣医さんのもとへ

検査データを持っていった。

今病院についたばかりの先生が着替える前に

「データもってきた?」と「持ってきましたこれです」

と見せると・・・

「脳ではないね」とのこと血糖値が高いけれど

おしっこを取ればすぐ糖尿かどうかはわかると思うし

脳を疑うならばCT、MRIをとらないとね

どこの病院か聞かれて答えると

「設備がないと思うからそれで脳が詰まっているという判断はおかしい」

「でも先生、水を飲み始めたら脳のつまりをなくす薬を飲むから取りに来いって言われてるようで」

「心臓ならわかるけど、猫の脳はそんなに簡単につまらない。絶対飲んだらだめ」

ということでとりあえず缶詰を三つ買い日南に送りました(今日届きます)

「先生ありがとうこざいました。」

「本当はここで見てあげれたらいいけどねぇ」

「ほんと私もそうしたいです・・・」

両親にとりあえず電話をし、今日は留置針をはずしてもらったようです。

薬はどうすると言われ「今は自分で歩けるし、水も飲んでおしっこも自力でできるので

しばらくこのまま様子見ます」とその病院を出たらしいです。

もう二度と行くことはないでしょうが・・・

「なんだったんでしょうね~」という看護士か獣医師かわからない人の言葉があったそうです。

「こっちがききたいわい!」

でも助けてもらったので感謝はしています。





でも「ごえもん君」の生きる力が一番強いのでは

ないかと私は思いました。


昨夜は自力でトイレでおしっこもできて、お水もたくさん飲めて

ご飯も少したべれたようです。

昼間は大好きな父の膝に抱っこされて眠りご満悦だったそうです。

少しでもいい方向に向かってくれるといいなぁと願っています。




  


Posted by ごえちゃん at 16:54 Comments( 7 )