ありがとうランちゃん

2014年07月03日

今日、家庭内野良猫だった「ランちゃん」が永眠しました。

正確な年齢はわからないけれど7歳くらいかな

色々と武勇伝のある猫でした。

野良ちゃんを捕まえて手術していたころ、いよいよ手術という時に

病院から電話があり「ランちゃんが手術台から逃げました。抜糸は

困難だと思うので溶ける糸で縫っていいですか」と連絡があったり泣き

風邪をひいた時はだれも触れないからと先生も「無理かもしれない」と

すっごい分厚い手袋で身体を押さえて注射されたこと

お風呂のお湯が大好きでいつも脱衣所に待機していたこと

人間の食べ物が好きでたまに私のお箸から強奪していったこと

保護してからもなかなか触らせてくれず、一度だけ爪を切ったことがあるくらい

一度くらい身体を洗ってあげたかったなぁ


慣れない仔だったので先生や経験者のアドバイスで「外に出そう」と思って

チャレンジしたけれど、戸を開けても本人は出たくないのか家の中に居座ったこと

オス猫しか懐かなかったこと

ここ4年はブヒが来てくれたからずっと一緒だったね

ブヒは亡くなったランちゃんに寄り添ってなめたりしていました。

優しい仔だね

私が仕事で目が届かない時間にひっそりと亡くなっていました。

きっと「こんな奴に看取られたくない」と思ったのか、仕事が済んで

部屋に戻った時にはもう冷たくなっていました。

1週間くらい前から少しずつ弱っていて、めずらしくランちゃんが

玄関に行き「外に出たい」というしぐさをした。

なんとなくだけど。。根拠はないけれどその時に

「もう長くはないのかもしれない」と感じました。

猫は死ぬときは姿を消すと言います。

きっと外で亡くなるのがランちゃんの希望だったのかもしれないね

でも。。私は意地悪だから「最後まで看させてね」と出さなかった。

少しずつ弱っていく姿を見て「もういいんだよ 頑張らなくて」と

でも今朝まで歩いて好きな場所に行っていたよね

お疲れ様、もう辛くないね

家猫の修業はもう我が家で十分積んだだろうから

今度はちゃーんと「家猫」として生まれてくるんだよ

欲を言えばもう少し一緒にいたかったな

あなたの鋭い目つきと鋭い爪はきっと忘れないね

ゆっくりおやすみ  ランちゃん また会おうね



  


Posted by ごえちゃん at 20:34 Comments( 8 )