書かないといったけど・・・ごえもん

2010年02月10日



昨夜から今日のごえもんは食欲旺盛、父の後をゆっくりながらついてまわり

自分でお尻をなめたりできるまでになったようです。

ブログに書かないと言いましたが、たくさんの皆さんからのメールでの

励ましをいただき近況だけは報告したいと思います。

もちろん先日のようなことがないように・・・

今日母と話しました。高い診療代のことも「助けたいという思いで

先生はいろんな薬を使ってくれているということ」ただそれを

伝えることがないために高いと言われてしまうということも・・・

私のような性格であればガンガンいいますが、両親は動揺して

先生も「原因がわからない」という説明だったらしく

それ以上聞けなかったのでしょう。

いただけるかどうかわかりませんが、先日とったレントゲン写真を

もらえるかどうか確認していただけるようでしたらそれをもって

日南のもうひとつの病院へいきます。

何かあったときに両親とのコミュニケーションがとれている

かかりつけの先生のほうがお互いにいいと判断しました。

もしかしたら、飼い主と先生との相性やコミュニケーションのとり方が

一番大切なのかもしれませんね

先生、ごえもんを助けてくれてありがとうございました。


17歳という年齢もあるので我が家の猫のようにスムーズには歩けませんが

ゆっくりゆっくり歩く姿、そして大好きな父の後をついてまわる姿に

当たり前だったことがこんなに幸せなんだと感じる日々です。



写真は我が家のうしくんですが、こんな風にリラックスした姿を見せてくれる日も

そう遠くはないかもしれませんね

あきらめないこと・・・私も勇気をもらいました。

そしてたくさんの励ましありがとうございました。


私も自分の人間としてのいたらなさ、理性のなさをあらためて実感しました。

父譲りの短気な性格のため読んでいるみなさんに不快感・ご心配をおかけいたしました。

そして励ましのメールやコメントに心が救われました。

この場を借りてお礼申し上げます。




Posted by ごえちゃん at 14:46 │Comments( 2 )
この記事へのコメント
こんばんわ。

幸せなことって日常にあるんでしょうね。。

ごえもんくんは、皆に愛されてきっと幸せでしょうね。

病院は、家族のみなさんが納得されるまでいろいろ考えていと思いますよ。

本当に自分を責めないでくださいね。

私も毎日いろいろ悩みながら猫ちゃんと暮らしています。

また報告待ってます!!
Posted by しずくねこしずくねこ at 2010年02月10日 23:59
しずくねこさんへ

ごえもんはまだ足元はフラフラしますが

元気になりました。

病気になるまでと同じように一日をすごせるように

なってきたようです。

大好きな両親のもとで一日でも長く過ごしてくれればと

願っています
Posted by ごえちゃんごえちゃん at 2010年02月13日 19:24
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
書かないといったけど・・・ごえもん
    コメント(2)