我が家の猫の紹介~その1~

2014年03月31日

まずはこの方。。。「うしくん」を外すことはできないでしょう。

愛される長男坊。。二度の死の淵からJ動物病院のF先生に

救っていただいた男です。



4月7日生まれもうすぐ8歳、我が家のパントリー内にて当時野良猫だった

「たけ子」ちゃんより生まれました。

(掃除中に勝手に入り込み。。。出産しておりました)

小さいときはあまり可愛くない(失礼)男の子でしたが

(白・黒のニャンコは成猫になったほうが断然可愛いと思う)





小さいころに暴れすぎて父さんのお尻の下敷きになり救急搬送

まだ名前がなくて受付で「名前は?」と聞かれ「うっ うしくんです」と答えて

名前が決まった男であります。。

小さすぎてレントゲン&手術もできず「もうだめなのか・・」と思ったところに

F先生が「母猫捕まえて連れてきて」と言うので野良猫だった「たけ子」ちゃんを

捕まえてダンボールに入れて運び、輸血をして命を取り留めた一回目、

二回目は昨年ですね急性腎不全になりまたF先生に助けていただき

母ちゃんの寿命を5年もらって(たぶん)無事生還

とうちゃんのへそくりのお金を全部治療費にあてさせた男です。。ワーイ

体は大きいけれど臆病者のうしくんの呼び名は「うしくん」「ウッティー」など

病気や怪我で大変な思いをした子だからか、私たち夫婦にとっては

とてもとてもかわいい子供です。

夜中にたまに6キロという巨漢を揺らし母のお腹を踏み台にして

父のお腹に着地するという遊びをやっては「うっ」といううめき声で

目が覚めることもあるのですが、なぜかうしくんは許されてしまう

いや許してしまう。。。男です。



かなり前の写真ですが、兄妹の「まさるちゃん♀」と比べてみると大きさがわかるかな

笑点で座布団が山積みになっているのがうらやましいらしく

僕もやってみました。。。↓




こうやって高いところからも警備を怠りません↓



お家が大好きなので病院などへ行くときにしかたな~く車に乗せると



こんな顔しておこっちゃう男ですが、根はやさしい子です。

最近はたま~にお客様が来られた時にも挨拶にきたりしますが

元々臆病な子なのでそっと見守っていただければと思います。

写真をたくさん入れたいのですが「みやchan」は容量が小さいので

これくらいしか無理そう。。

次回はだれの紹介になるかな?

お楽しみにピカピカ
















Posted by ごえちゃん at 11:42 │Comments( 2 )
この記事へのコメント
うしくんのエピソード、嬉しい~。

うしくんの愛くるしい写真の数々にニヤニヤが止まりません。

二度も奇跡の生還をしたのねっ
すごいぜ~!うしくん!

これからも元気でずっと長生きしてください。

第二の母より。
Posted by マシ at 2014年03月31日 17:58
マシさん

うしくんのエピソード喜んでいただいて

よかったです(^_-)

まだまだ長生きしてほしいなと

私も夫も思っています。

「第二の母」しっかりうしくんに伝えましたよ(^_-)
Posted by ごえちゃんごえちゃん at 2014年03月31日 20:22
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

<?=$this->translate->_('削除')?>
我が家の猫の紹介~その1~
    コメント(2)